美乳ストレッチでボンキュートのバストアップ効果は高まる!?

美乳ストレッチは効果あり!?

前回の記事ではブラジャーの着け方によって、思いのほかバストが豊かに変貌することに驚いた人も多いでしょう。

せっかく理想のバストを手に入れたのなら失いたくないですよね。

そのためには、ボリュームアップした分を定着させるための「美乳ストレッチ」を行っていきましょう。

このストレッチでは、大胸筋を中心に鍛えていきます。

脂肪を支える大胸筋を鍛える

大胸筋とは、バストを支えている筋肉で胸の上部全体を覆っています。

いわばバストの重みを支える要。

この部位を鍛えることで、ブラジャーに頼らなくても垂れないバストを目指します。

しかし大胸筋は、ほかの手足などの筋肉に比べ、日常生活で圧倒的に使う機会が少ないところ。

一般の女性の場合、ジムに通って意識的に鍛えているという人でない限り、筋肉量が減り筋力も弱まっていく傾向にあります。

成人女性の場合、バストの重さは片方で180~330g(牛乳ビン1~2本分)とされています。

年をとると垂れ下がったり、ハりがなくなったりしてしまうのは、それを支える大胸筋が、伸びたゴムのように弱まってしまうからなのです。

ですから、大胸筋を適度に鍛えていくことが大切なのです。

バストはほとんど脂肪でできている!

ただし、バストの中身は90%の脂肪組織と10%の乳腺組織で、そのほとんどが脂肪です。

そのため、大胸筋を鍛えて大きく強くするだけでは、バストのボリュームアップにはつながりません。

それでは男らしい身体つきになってしまいます。

美乳レッスンにおける大胸筋を鍛える目的は、水のように流動する脂肪をしっかりと支えることなのです。

美しいバストを手に入れるためには、大胸筋を鍛えるとともにバストの中身となる脂肪をつけていく必要があります。

そのために、前回紹介したところでは、わきや二の腕、背中などの余分な脂肪を移動させ、バストに集めてきたわけです。

「脂肪の移動」といっても実際に試してみた人でないとなかなか実感しづらいかもしれません。

私が指導した生徒さんたちのなかにも、レッスンの当初は「本当にそんなことができるの?」と疑問を抱いている人もいました。

でも、自分が試して効果が出てくると「なんだ、美乳になるのって意外に簡単なのね」と納得してもらえます。

レッスン2を実践した読者の皆さんも、余計なぜい肉がバストになることを実感していることでしょう。

レッスン3では、きれいなバストにさらに一歩近づくために、効果的なストレッチを解説していきます。

ストレッチの効能と注意点

美しいバストを作り出すストレッチは決して難しい動きをするわけでもなく、激しいトレーニングでもありません。

きっと、これならば続けていけそうだと思えるはずです。

どのストレッチも一見、簡単な方法ですが、大胸筋を鍛えたり、上半身の脂肪をバス卜に集めたり、首筋から胸元のラインにハリを持たせたりと、その効果は十分にあります。

その中の足ツボマッサージでは、ついでに足全体もマッサージしてあげれば引き締め効果も期待できます。

私自身はとりたてて「足を細くしたい」という意識は持たないで、女性ホルモン増強のために足ツボマッサージを行っていたのですが、結果としてバストは豊かに、足までも細くなるという恩恵にあずかれました。

足が細くなったのはツボ刺激の影響もあるのかもしれませんが、自分の身体への愛情こそが、なりたいボディを形作っているのだと考えます。

美乳ストレッチの最大の効果は、自分の身体を大切に扱う習慣がつくこと、自分自身へのいとおしさが増してくることです。

すると立ち居振る舞いに落ち着きが出て、自然とエレガントなオーラを放つようになっていきます。

ストレッチは気になるものを取り入れよう

なおストレッチを行っても15分足らずですが、自分の気になるストレッチだけを行うのでも結構です。

日に何回、何セットという決め事もありませんので、夜寝る前や朝起きたときなど、自分の好きなときに、できるペースで行ってみてください。

大切なのは続けることです。

ストレッチを1日休んでしまったからといって自分を責める必要はありません。

今日、できなかったら明日やればいいだけのこと。

気楽に前向きに考えることです。

そして日々の動作のなかで、姿勢をよくしたり、胸筋に力を入れてみたり、バストを意識してみるように心がけてください。

胸筋がしっかりとついてくれば、手を用いなくても、意識するだけで鍛えることができるようになります。

電車のなかでもオフィスでも入浴中でも、空き時間にどこででも胸筋を動かすことができます。

私は手を用いずに毎日どこでも気づいたときに、胸筋を鍛えるよう意識しています。

ストレッチのポイントは、自分のなりたい姿をイメージしながら行うこと。

ぐぐっと持ち上がったバスト、丸く豊かになったバストなど、具体的に形をイメージしながら行いましょう。

美乳すとれっりについて詳しく知りたい方は「美乳ストレッチ」で検索←

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ