本当に美乳になり美しくなりたいなら人に宣言しよう!

美しくなるコツは人に宣言すること

繰り返しますがボンキュートレッスンで大切なのは、少しでも変化したら自分を衰めて認めてあげることです。

日本の社会には、「謙譲の美徳」、謙虚であることをよしとする風潮があります。

また飛び抜けて才能がある人に対しては、惜しみなく称賛を贈りますが、少しがんばった人が自分のことをよく言おうものなら、一斉に叩くような面があるでしょう。

でも、そんなことをして誰がいったい得をするのでしょう。

子育てでも同じですが、叱咤してばかりでは、人は伸びません。

少しでもがんばっている人には褒めてあげたほうが、言う人にも言われる人にも、お互いにとってプラスなのです。

たとえば、友達が昨日よりも少しお酒落をして現れたら、「今日のファッション、素敵じゃない!」と褒めてあげましょう。

それだけで場の空気は和やかになりますし、友達もうれしくなってもっとおしゃれを楽しもうという気持ちになれるはずです。

美しくなるという場合においても同じです。

このサイトを見ているあなたが、もしもひとりで読んでこっそり実践しようと思っているのなら考え直してください。

こっそりと行うよりも、周囲に「きれいになる!」と宣言したほうが、断然効果は高まります。

宣言をした手前、あなたは手を抜けなくなるでしょうし、自分自身で管理をするだけでなく、周囲の人もあなたに注目して、応援してくれるようになるでしょう。

「あら、変わるって言っていたのに変わってないじゃない」と言われたら悔しいですよね?

「少しきれいになったわね」と褒められればうれしいですよね?

私自身の周りにも、そう助言をしてくれる人たちがいてくれたからこそ、今の私があるといっても過言ではありません。

自分だけで黙々とやっていたら、くじけてしまったり、なかなか変わることができなかったと思います。

恋人や夫などパートナーがいる人は、ぜひ彼に宣言してみてください。

そして一度、無我夢中で挑戦してください。

成功するコツは周りの人が放っておかなくなるくらい、早く美しくなること。

最初にもたもたしないことがポイントです。

レッスンを始めた当初はきついかもしれませんが、できるだけ早くに、ある一定レベルにまで到達すると、そこから先は楽になります。

美しくなった自分を維持するのは、それこそ楽しいので、毎日毎日笑顔でボンキュートレッスンを続けられるようになります。

ボンキュートレッスンをするなら無我夢中で

そしてなによりも、自分が納得するまで無我夢中で行ってみてください。

私はこの「無我夢中」という言葉が大好きです。

この言葉には、今までの経験や知恵などは捨てて、自分を無にして夢にかけて成し遂げなさいという意味が込められていると思います。

私自身、お歳のときに整美体操を始めて、一度「これは楽しい」と思ったら、それしか考えない生活を2ヵ月過ごしました。

寝ても覚めてもボンキュートのことばかり。

とはいえ、自分が心から大切に思う両親、そして子どもたちに対して嘘はつけないという決意で、ボンキュートレッスンにいそしんだのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ