コスメやサプリで、乳トレ効率アップ!ボンキュートの効果とは


バストアップに効果的と話題のボンキュート。

バストアップはボンキュートを飲んでと乳トレをすると効果的に大きくなってくれます。

行うと気持ちいいし効果がわかりやすい乳トレと違い、コスメやサプリは長期戦。

でも、乳トレを行いながら普段の生活に取り入れると、バストも顔もキレイになります。

お肌のケア=脳のケア

ここまでの記事でマッサージを中心に乳トレをご紹介してきました。

私が日々行っているものばかりですが、同時にコスメといった外側のケアを取り入れたり、ボンキュートやハーブのサプリを摂ったりもしています

なぜなら、バストを作っているのは筋肉だけではないから。

そこに流れる血液が酸素や栄養をたっぷり含んでいればキレイなバストが育ちますし、バスト全体を覆う肌がみずみずしければ、下垂やしぼみといった悩みも生じにくくなります

もちろんマッサージが最重要ではあるのですが、多角的にケアすることで、マッサージの効果もより早く出てきます

私がバス卜ケアの際のコスメ選びでこだわっているポイントは3つあります

まずは、ほどよくふっくらしたテクスチャー。

マッサージの際、指とバストの間の緩衝材になってくれます

それから好きな香り。

3つめが使っていて心地いいかどうかです
成分ももちろん大事なのですがバスト用と謳われているものはよく研究されていて、バストアップ効果のある成分をたっぷり配合しています。

ただ、どんなにいい成分でも、使っていて気持ちよくなければダメです

エステの世界では「皮脳同根」という言い方があるのですが、人間が卵子から成長していくときに、脳と皮膚は同じ外胚葉から発達します。

だからこそ、脳と肌は深く関係していて、脳の刺激(たとえばストレス)が肌トラブルとして現れるわけです。

その逆も点なりで、肌に優しく触れること、気持ちよくすることは、脳にいい影響を及ぼします。

「セックスできれいになる」なんて女性誌の特集もありますが、相手がいなくっても大丈夫(笑)!

好きな香りやテクスチャーのコスメで気持ちよさを実感しながらマッサージすれば、肌も脳も喜ぶので一石二鳥!

コスメを活用して、乳トレで生むキレイをもっともっと加速させちゃいましょう

サプリは「飲み分け」で快適に

私たち人間の体は、「食べたもの」でできています。

マッサージに励むのもコスメを塗るのもいいのですが、体のモトである食事に気を使うのも乳トレの一環だと思います。

ただ、忙しい現代女性に「毎日正しい食事をせよ」なんて言ってもなかなか難しいですよね

その結果としてトラブルがなければいいのですが、肌や婦人科系に自信がないとか、これから妊活したいわ!

なんて方は、ぜひサプリも取り入れてみてください。

中でも特におすすめなのは、ボンキュートと生理周期に合わせたハーブの飲み分け。

ナチュラルなハーブなら穏やかに作用しますし、ほかのサプリや食事とけんかしないのもうれしいところです。

生理が終わってから排卵日までは、エストロゲン分泌を促すプエラリアやブラツクコホシュ、大豆イソフラボン、あるいはフェンネルといったハーブを排卵日から生理開始まではプロゲス-アロン優位な時期なので、ワイルドヤムやチェストペリー、レッドクローバーなどを摂るのがおすすめです。

これらをすべて摂る必要はなく、手に入りやすいもの1~2種類で充分です。

生理中はこういったサプリはお休みし生理痛などの不快な症状があればマリーゴールドやカモミールなどをハーブティーで摂ってください。

正直、私自身は「バストサプリってそんなに効果があるかしら」と思っていたのですが、ボンキュートとハーブを飲み分けするとかなり効果的。

不規則だった生理周期がだいぶ整うようになったので、皆さんにもぜひトライしていただきたいです

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ