ボンキュートを飲んでバストを発育する


まず簡単にバストについて説明してみますね。

バストのメカニズムを知ってもらえれば、ボンキュートを飲むことでどうなってバストアップするのかについてもよくわかってもらえると思います。

ちょっと難しい話をしますね。

解剖学的には、乳房は女性のみならず、男性にも備わっているものです。
たとえば、赤ちゃんの胸を思い浮かべてください。この段階では、乳房を見て、男の子か女の子かの区別はつきません。なぜなら、乳房は、女性ホルモンの作用によって発育すからです。
女性ホルモンには大きく分けて2つの種類があります。

ひとつは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)です。卵胞ホルモンには、皮下脂肪を増殖させる働きがあり、女性らしい丸みを帯びた体つきをつくります。
もうひとつは、黄体ホルモン(プロゲステロン)です。黄体ホルモンは、卵胞ホルモンとともに、卵巣から排卵を機に周期的に分泌され、脂肪組織を増やしていきます。

思春期以降、女性のバストが発育していくのは、これらの女性ホルモンの作用によるものです。

それでは、一般的なバストの発育の過程について順を追って見ていきましょう。

・小児期(0歳~10歳)
生まれてから8歳くらいまでは、乳腺の発育に変化は見られません。これを、乳腺の初期休止相といいます。この時期でも卵胞ホルモンは分泌されていますが、ごく微量であるため、乳房には何ら影響を及ぼしません。
8~10歳になると、性腺刺激ホルモンの影響により、卵胞ホルモンが多く分泌されるようになります。これにより、乳腺組織が発育をはじめ、乳管が枝分かれしていきます。

・思春期(11歳~15歳)
思春期を迎えると、卵胞刺激ホルモンの働きにより、女性は卵巣が成熟します。その結果、卵胞ホルモンの分泌が盛んになり、乳房が発達します。また、女性器の発育が促されることにより、女性のしるしである生理が始まります。
この時期にホルモンの分泌が悪かったり、ホルモンの主成分であるコレステロールの摂取が足りない場合、生理不順であるとか、バストの発育が遅れるなどの影響が出るケースがあります。

・成熟期(16歳~30代後半)
乳房は、18歳頃にその発育を止めます。この頃から、女性は受精・妊娠・出産ができるようになります。乳房は成熟し、乳頭も大きくなって、赤ちゃんに授乳するための準備が整うのです。
びっくりしませんか18歳でとまってしまうのです。だからボンキュートのようなバストアップサプリが注目されているのですよ。

・更年期(40代~50代)
この時期、多くの女性は閉経を迎えます。これに伴い、乳房も授乳という役目を終了することになり、ハリやツヤを失い、しぼんで垂れ下がってきます。これは、女性ホルモンの分泌が少なくなることにより、乳腺が退化し、乳房についていた皮下脂肪が落ちてくるためです。

このように女性の乳房は、妊娠や出産、授乳という役割を中心に据えながら、年齢によってさまざまに変化していきます。

 

そこで疑問がわくと思います。

ボンキュートはどの時期でも効果があるのか?

お答えしましょう。

思春期から成熟期となります。

商品的に、思春期の女の子が飲むのはどうかとは思いますが、ボンキュートは大豆イソフラボンがメインになる女性としてのトータルサポートをするサプリメントですので思春期の女子が飲んだらダメということはもちろんありませんが。

成熟期になると乳房の発育は止まりますし、大豆イソフラボンに含まれている女性ホルモンのエストロゲンも減少傾向となります。だからボンキュートで摂取して女性らしい体を手に入れることができます。
女性らしいからだとは、締まるところはしまって、出るとこは出るって感じですかね。気になるボンキュートはこちらで解説していますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ