プエラリアの効果でバストアップが可能?副作用はない?

女性のバストアップ効果が高いといわれているプエラリアなんですが、実際にはどのような効果があって副作用とかはないのって気になりますよね。

その辺を徹底的に解説していきます。

 

 

ボンキュートに含まれているプエラリアですが、プエラリアがバストアップに効果がある根拠はあるのでしょうか?

プエラリアには第三者で検証した臨床実験結果がたくさん現存します。
ひとつの例として、その道の権威でもあるビショップ博士らによる研究では無月経の女性15名を対象にして、プエラリアミリフィカから収穫されたマテリアルを0.1mg投与したところ4回の投与により胸の張りやしなやか感が増加し、5mgに増やすとより強力に成果が発生したという結果が現れています。
驚きですがプエラリアはさらに更年期障害の好転や骨粗鬆症や動脈硬化予防にも有効性の高いものなのです。

バストアップ成分のプエラリアのその効果はかなり強力なことで知られています。
プエラリアの効果はその人の体質によってはたった24時間で効果が出ることもあります。バストアップ効果では自分が今AカップのときにBカップになるのははあたりまえ、AカップからCカップ、Dカップまで大きくなったという方もかなりの数いるのが現実です。それだけでなく、女性全員の悩みであるシミやそばかす、美白や生理痛などの女性ホルモンに関する症状を改善する効果もあります。

ではなぜ、そんなにバストアップサプリ・ボンキュートの成分であるプエラリアの効果は凄いと言われるのでしょうか。
実質的にはプエラリアには女性ホルモンと同じような効き目が期待できる成分が2種類も配合されています。それが、ミロエステロールとイソフラボンです。ミロエステロールはプエラリアからしか探し出されいない原材料です。
その中でもミロエステロールの働きは非常に強力です。女性ホルモンであるエストロゲンを必要としてる女性の方には特に押えて頂きたいマテリアルです。
また、貴重価値も高いプエラリアには、避妊にも使用されるピル1粒の0.5%程度の女性ホルモンが含まれています。

 

プエラリアの副作用には気をつけてください

 際立って意識しておきたいのが、プエラリアの中心的成分であるミロエステロールとイソフラボンという事実です。その中でもミロエステロールは吸収する容量に気をつけることが重要になります。むちゃくちゃ多い量を摂取するとカラダ中のホルモン系を崩壊してしまう可能性があります。であってもよほどのことがない限り大丈夫ですが、より安全に飲むには女性の生理のリズムに合わせて、エストロゲンが放出されるためそのときの卵胞期に飲むと副作用の心配はないでしょう。ただ生理不順の方などリズムが一定期でない方はお医者さんに相談しながら摂取しましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ