バストラインを美しく保つセルフケア

バストを形よく保つ工クササイズ美しいバストを保つためには、毎日のセルフケアが大切です。

ます何といっても重要なのは、工クササイズ。中でも、バストの土台となっている大胸筋を鍛える方法です。大胸筋力が衰えると、バストはハリを失い、形も崩れていってしまいます。
大胸筋を鍛えるのにもっとも効果的な工クササイズは、腕立て伏せです。毎日20回くらい行うとよいでしょう。

また、本を両手ではさみ、内側に力を入れて押していく工クササイズも効果があります。肘を両サイドに張った状態で、1回約10秒を20回ほと‘行ってください。

以上が大胸筋を鍛える方法です。

これ以外に、もうひとつ忘れてはなうないのが腹筋です。
腹筋や背筋が弱いと、上体をうまく支えることができません。そのためどうしても猫背になり、必然的にバストが垂れてしまうのです。貧弱なバストの原因のひとつは、姿勢の悪さからくる筋肉のゆがみだという説もあるくういです。

腹筋を鍛えるために効果的な工クササイズは、次のとおりです。

ます、壁や机などに手をつきます。次に背筋を伸ばしたまま、腹筋に力を入れて上体を押し上げます。このとき、脚の位置は固定させ、脇を締める感じにするのがコツです。
人間の筋肉は、加齢とともにどうしても退化していきます。そのスピードをなるべく遅くさせ、ハリのあるバストを保ち続けるためには、毎日の工クササイズを習慣づけたいものです。

 


 
 

 バストアップエクササイズより美容整形?

ボンキュートを飲んでどのようにバストアップするかを検証してきましたが、どれもこれも、現実的な効果を期待できるものではないというのが、正直な感想ではないでしょうか。というのも、バスト表面の皮膚にハリを持たせる効果はあっても、バストの大きさそのものをアップさせたり、AカップをCカップにする、というような「目に見える効果」は、いずれも得にくいものだからです。

バストのほとんどは、脂肪組織でできています。筋肉は鍛えられでも、脂肪は鍛えられません。また、バストの発育をつかさどる乳腺を、外的刺激により発達させることは不可能です。
このようなことから、バストそのものを豊かにする方法は、美容外科手術をおいてほかにないといえるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ