バストアップに効果がるのはサプリ?エステ?下着?

 エステサロンやサプリメントなど女性の魅力や美容をアップするものが色々と氾濫していますが、「バストを大きくする」とうたったさまざまな悩み解消法も多くあります。
本サイトを見ていただいている皆さんも、もしかしたらそのうちのいくつかを試してみたことがあるかもしれません。はたしてこのような方法にパストアップの効果があるのかどうかひとつずつ検証していきましょう。

エステサロンでバストアップ

 まずは、いちばん一般的と思われる、パストアップを促進するマッサージやパストアップコースのあるエステについて考えてみましょう。
マッサージは、パストアップをうたったエステで多く行われているアプローチです。
マッサージの成果は、血行をよくし、代謝活動を活発にすることで、肌にハリが出てくるということではないですか。少々たるみ気味のおっぱいの形を整えたり、すでにある脂肪を適正な位置に戻して形を多少矯正するという結果は、確かに望むことができるかもしれません。
しかし残念ながら、バストそのものを膨らませるということは、なかなか難しいのが現実の姿です。

エステの中でも、バストアップ限定コースを設置しているところでは、これほどのマッサージのほかに、パックや吸引器を使った施術が行われているといいます。これも前述のマッサージ同様、バストの形を上向きに改善するなど、多少の効果はあるかもしれません。しかし、バストそのもののサイズをアップさせる、簡単に説明するとAカップをCカップにするまでには至らないというのが、本音を言えばそうではないかと思います。

自宅でできるバストアップトレーニング

 雑誌や書籍などでよく紹介されている方法に、大胸筋を向上させることによってパストアップを図るという、パストアップ・トレーニングがあります。
腕立て伏せを行ったり、胸の前で両手を合わせて中心に据えて向かって押し付けるなどといった形で、とにかく大胸筋を向上させるのです。大胸筋は、パストの土台となる筋肉です。ここを鍛えるということは、バストの老化を防ぐ、つまり老化速度を遅らせるという意味において、多少成果は望めるかもしれません。

しかし、いくら大胸筋を鍛えても、バストそのものを大きくできるわけではないのです。場合によっては、腕立て伏せなどにより大胸筋を鍛えすぎて、かえってバストが小さくなってしまった例もあるといいます。これは、脂肪が落ち、筋肉がついたことにより、バストのふくらみより、土台である大胸筋の存在感が増してしまったために起こる現象です。トレーニングで鍛えるのは筋肉ですが、バストを構成しているのは脂肪組織です。脂肪はいくらトレーニングをしても鍛えることはできません。

補正下着のバストへの効果

 体そのものを変えるのではなく、体を包む下着を変えて体型を修正しようというのが、補正下着です。
脇や背中に滲み出た脂肪をバストに集めてサイズアップさせるブラ、バストを膨らませて、アンダーを引き締めるロングラインプラ、おなかを引っ込めることでトータルに体を整えるボディスーツなど、さまざまな種類があるようです。

補正下着は、強力な伸縮性のある素材でつくられており、無駄な脂肪を理想的な場所に集めて定着させることによって、体型を修正することを目的としています。早い人で1か月、平均すると4~5か月でボディラインが整ってくるとうたっています。
はたして、効果のほうはいかがなものでしょうか。

サポート力がたいへん強いということですから、確かに引き締め効果はあるかもしれません。しかし、バストそのもののサイズをアップさせられるかというと、はなはだ厳しいのが現状ではないでしょうか。補正下着は体を締めつけるものですから、長時間つけていることは苦痛を伴います。血行が悪くなるほか、人によっては肩こりや冷え性の原因になる場合もあります。また、夏などはあせもができる場合もあるので、肌の弱い人には向かないかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ