バストの悩みを解消してくれるボンキュート


 ボンキュートを購入したい方のバストの悩みは、人それぞれです。必ずしも「バストが小さい」ということだけにとどまりません。そこで!そんなバストの悩みについて、ひとつずつ見ていきましょう。

バストが小さい方のためのボンキュート

 「私は胸が小さい。ボンキュートを飲んでみようかな。」バストの悩みの中でも、もっともポピュラーなものです。バストが小さいと、女性らしい魅力に乏しい気がする、流行のファッションが似合わない、温泉やプールに行ったときに恥ずかしい、男性にモテないなどの悩みを訴える人が多いようです。
バストが小さい原因は、脂肪のつき方が足りないためといえます。ボンキュートを継続して飲んでいればその脂肪の付き方は変わってくれますが、バストの大きさそのものは、機能的な問題と何ら関係はありません。ごくまれに、乳腺の発達が未熟なために母乳の分泌が悪くなるケースがありますが、乳房マッサージなどで改善されるので心配はいりません。

バストが大きすぎる悩みもあるのです!!

 日本女性にはピンとこない悩みでしょうが、欧米ではむしろこちらが主流であるといってもよいくらいです。バストが大きすぎると、肩こりがひどい、太って鈍重に見える、洋服が入らない、男性から好奇の視線にさらされることが多いなど、さまざまな悩みがあるようです。バストが大きい原因は、小さい場合の逆で、乳房に脂肪がしっかりついているせいです。

ボンキュートでバストが垂れるお悩みも解消

 ボンキュート愛用者の方で「バストの垂れの悩み」は主に30代以降の女性を中心に、「バストが小さい悩み」に次いで多く寄せられる悩みです。バストが垂れる原因は、大きく分けて2つあります。

ひとつは加齢による老化現象。もうひとつが、妊娠と授乳です。
形の崩れはボンキュートを飲んでいれば戻っていきますが、加齢によるバストの垂れはボンキュートに効き目はありません。老化現象とは、バストの発育ピークである20歳前後を境に、ツヤやハリを失ったバストが下に垂れはじめることをいいます。乳腺や皮下脂肪を包んでいる皮膚が老化すると、皮膚自体がゆるんできます。よって結果的に、バストが垂れてしまうのです。バストを支えている胸筋が衰えてくるのも、同じ理由からです。

もうひとつの要因は、妊娠・出産と授乳です。
妊娠・出産をし、授乳が終わったバストは、急激にしぼみはじめます。これは、妊娠によって発達した乳腺が退化するからです。必然的に、バストを包んでいる皮膚がたるんでしまうため、バストの形が崩れ、下に垂れていってしまうのです。また、ムリなダイエットをしたときにも、これとよく似た現象が起きます。体重を急激に減らすと脂肪が滅りますが、皮府はその変化に対応しきれません。よって結果的に、バストがたるんでしまうというわけです。

乳頭・乳輪の色が濃いお悩み

 色の濃淡は、メラニン色素の沈着によって生じるものです。メラニン色素の量には個人差があります。肌でも、色黒の人と色白の人がいるのと同じです。俗に「性交渉の数が多いと色が濃くなる」といわれることがありますが、これにはまったく根拠がありません。ただし、加齢によってメラニン色素が沈着し、若い頃より色が濃くなってくることはあります。乳頭の色は、機能的にはまったく問題がありませんが、気になる方も多いようです。

乳頭の陥没や乳輪の大きい悩み

 若い女性に多い症状で、「陥没乳頭」といいます。
たいていの場合は心配ありませんが、ごくまれに、授乳しにくいなどの問題が生じる場合があります。また、乳頭と乳輪の間にどうしても汚れがたまりやすくなるため、清潔を心がける必要があります。
乳輪の大きさは個人差があって一概にはいえませんが、授乳後の女性に多い悩みです。機能的な問題はまったくありません

どうでしょうか?お分かり頂けましたか?

ボンキュートはバストの悩みをすべて解消するわけではありません。悩みによってはまったく効果がないものもあります。
自分のお悩みと照らし合わせて、ボンキュート購入の検討をしてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ